読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リウの旅ブロ

日常と旅と本と

ひとまず振り返ってみるの巻 ~京都編①~

千里の道も一歩から

 

続けることが苦手な僕でも続けていきたいと思います。(週一で)

 

まずは一人で京都に旅した記憶から

アウトプットの練習も兼ねてね!

 

旅に出た理由は

・八つ橋が食べたい

・名所に行きたい

・ゲストハウスに泊まりたい

の3つで、京都が一番適してるなぁと思って向かった。

 

ちなみに京都にはおよそ100ものゲストハウスがあるんだって

どこに泊まるか迷っちゃうよね!

 

さてさて

今回京都へ向かうのに使ったのは夜行バス

 

生初の夜行バスでテンション上がるも即夢の中へ・・・

 

京都に着いたのは朝の5時頃、辺りは真っ暗

そして、その時僕は気づいた

「店、どこも開いてない・・・(;^ω^」

 

何も考えずに行動しちゃったから、朝の店が開くまでの時間がほんと辛かったし

旅開始早々後悔したよ、外寒いし

 

なんとか時間を過ごして日が出てきて、ようやく辺りを散策開始

 

f:id:ryoriu:20170213002131j:plain

 

京都に来て最初に見たのは京都タワー

高さは131mで、京都市内では最も高い建造物なんだって

中には展望台も設置されてるようだけど、今回の旅ではおあずけ

次回の旅では行ってみよう

 

京都タワー - Wikipedia

 

 

f:id:ryoriu:20170213002836j:plain

 

京都駅を散策すると、大きな階段を発見

 

「全力で駆け上がったらおもしろそう」

なんて思って、ついつい上まで登ってみる

 

上からの眺めはとても素敵でした

(写真、取り忘れた・・・)

 

ちなみにこの階段

イルミネーションや、階段駆け上がり大会もやってるんだって

 

階段上りに自信のある方、是非一緒に参加しましょう!笑

 

 

さて、バスや電車が本格的に動き出したころにこの日の目的を整理

・まずは金閣寺へ行く

銀閣寺にも行く

清水寺へも行く

 

金閣寺行きのバスへ乗り目的地へ

 

f:id:ryoriu:20170213003907j:plain

 

おなじみの眺めですね

水面に映るその姿は、言葉にできず、なんというか、とても幻想的でした

 

小学生の修学旅行で訪れた時とはまた違った感情が込み上げてきましたね

僕も大人になったなぁと

 

 

少しの間感情に浸り、次なる目的地、清水寺

 

f:id:ryoriu:20170213004556j:plain

 

こりゃあまた凄い眺め

天気がイマイチなのがとても残念だったけど

そのスケールの大きさには、ただただ圧倒されました

 

 

 

f:id:ryoriu:20170213005941j:plain

 

続いては銀閣寺へ

途中、哲学の道を通って向かう

哲学の道はおよそ2㎞の道となっていて、日本の道100選にも選ばれています

 

僕が訪れた時期はあまり観光客も多くなかったので、のんびり歩きました

春は桜、秋は紅葉と、四季折々を味わえますので、次は春にでも行こうかな

 

f:id:ryoriu:20170213010715j:plain

 

さて、哲学の道を進み、いよいよ銀閣寺へ

 

これは慈照寺といって、寺院全体を銀閣寺と呼ばれます

迫力は金閣寺には劣りますが、とても澄んでいて、心が落ち着きます

 

 

この日はここで観光を終了し、ゲストハウスへ

 

ゲストハウスでは僕の他にも観光ガイドをされている方や、バーで歌手をされているおじさま、転職が決まり就職までの期間で旅をしている女性、さらには通りすがったフランス人の男性など、多種多様な方々と一晩中飲んで、語っていました

 

見ず知らずの方々と話すのは、こんなにも楽しいのかと実感しました

 

人には人の人生があって、考えがあって

夢や目的にむかって進んでいく

 

当時就活で悩んでいた僕にとっては、とてつもない刺激でした

 

レールに乗った人生を生きれば確かに安心かもしれない

でも、本当にやりたいことって・・・

 

とま、人生についてはまた別の機会に

 

京都1日目はここで終了

次は2日目について執筆中、それではまた